ロゴ
HOME>特集>これだけは知っておきたい!レンタル倉庫の利用で気をつけるポイント

これだけは知っておきたい!レンタル倉庫の利用で気をつけるポイント

荷物

利用する目的を明確にしておこう

使わないものをスッキリ片付けて、スペースを有効活用するのに役立つのがレンタル倉庫です。同じレンタル倉庫といっても都市部でマンションの一室のような場所もあれば、郊外に建てられた大型の倉庫もあります。頻繁に出し入れするものであれば自宅や会社から近いほど便利ですが、郊外のほうがスペースは広く料金は安いというメリットがあります。また湿気に弱いものは空調設備の整った倉庫を選びたいですし、家具や保管の必要な諸衣類や備品など重いものは持ち運びが大変なので、駐車場やエレベーターのある倉庫が便利でしょう。どの程度のセキュリティー設備があるのかも気になるところです。このようにレンタル倉庫を選ぶ際には、まず利用する目的を明確にしておくことが大切です。

レンタルコンテナ

見積もりは事前に確認

レンタル倉庫の料金は立地条件やスペースの広さによって異なりますし、1階か2階かといった条件でも変わってきます。どの倉庫でもセキュリティーには気を配っていますが、厳重な警備をしている施設は料金も相応にかかります。レンタル倉庫の申込はメールや郵便でも可能ですが、契約をする前に見積もりをしっかりと確認し、コストパフォーマンスを比較することが重要です。レンタル倉庫の料金には本来の保管料のほかに、事務手続費や保証委託料、鍵の交換費などが含まれています。契約書をよくチェックして、納得できない部分があれば問い合わせてみましょう。万が一預けた荷物が破損・水没や盗難に遭ったとき、どのような保証があるかも確認しておくと安心です。